第七回センチメンタル・スケッチ・ジャーニー
朱家角〜上海〜
水郷古鎮


 

朱家角は、上海市街から、西に車で40分ほどの位置にある。
中国の水郷古鎮として最も有名な観光都市のひとつだ。
明代には、紡績業、織物業そして米穀業などで相当繁栄したそうだ。

筆者が思い浮かぶ一番よく似た街は、ベルギーのブルージュで
両者とも、街中、水路が縦横に入り組み、昔風なつくりの商家が、
水路沿いに軒を並べている。勿論、舟で水路を巡り
観光できるのも似ている。違う点は、ブルージュの街に
外から入るのにお金はかからないが、朱家角古鎮に入るには、
入り口で入場料10元を払わねばならない点である。

でも近郊の上海市街は、グローバル化して、
ニューヨークや東京と同じような景観をしているのに対して、
水辺の憩いの場として、いわば世界の文化遺産を残すために、
これくらいの投資をするのは、なんでもない事である。