第十五回センチメンタル・スケッチ・ジャーニー
金沢 花街 
地図

 


「茶屋街の粋」

昔、花街をその中に抱えていた町は、日本全国に点在していた。

主に中世から商人達が活発に活動し、経済的にも裕福な町々である。

金沢は
浅野川と犀川の側に「ひがし茶屋街」と「にし茶屋街」、

それに「主計町(かぞえまち)」の三つの茶屋街を擁し、今もその姿をとどめている。

城下町でありながら商業も盛んで旦那衆の粋な遊びの伝統が息づいている。

まさに数ある日本の歴史のある町の中でも最も好きな町のひとつである。